真空蒲鉾のおいしさの秘密

和田八の真空蒲鉾は、冷蔵で1カ月保存可能です。写真は穴子蒲鉾。すり身の中には、刻んだ穴子と”あおさ”を混ぜ込んで蒸しあげています。

真空蒲鉾は、このほかにもエビ、ホタテ、ほも、チーズ、玉子を丸ごと入れた梅玉、ゆで卵を刻んで入れた円月、その他に柔らかい口当たりの新上(松茸、かに、季節の応じて色々のお楽しみ)がございます。

穴子、エビ、ホタテ、はも、チーズには、写真のようにあおさを混ぜています。あおさを混ぜ込んだ理由は、板のない蒲鉾なんて考えられない時代に、蒲鉾板に代わる蒲鉾の水分調整のために、長期保存のために使うことを考えられたと聞いています。まだイチローがオリックスの宮古島キャンプにいらした頃、宮古島に行った和田八のメンバーが、美しい海のミネラル豊富に育ったあおさに着目したそうです。以来、毎年、宮古島のあおさを買い付けています。美味しいものを受け継いでいくためにも、美しい自然も守りたいですね。

最新のお知らせお知らせ一覧