皿うどん

 長崎の名物ちゃんぽん、皿うどん。かの地を訪ねると、必ず食べたくなる味。もはや日本が誇る料理の一つ。関西の水産練り物会社である和田八も、興味津々の料理。長崎出身の方も、工場には多くいらっしゃいます。

共通点、それは蒲鉾が結ぶ縁。海山里の食材に恵まれ、遠い昔、異国との貿易で様々な料理や文化が入ってきた土地柄は、美味礼賛を生み出すと、密かに親近感をもっています。

写真は、出来立ての皿うどん。具材には、お約束の豚肉、もやし、キャベツの代わりに白菜、蒲鉾とイカの代わりに和田八の”いか天”、それから地元の高級な皿うどんにはタケノコをいれているのに習ってこの時期だけの”タケノコのちぎり天”、木耳の代わりに木耳の入った練り物”白天”をいれてます。

揚げ麺に、アツアツのとろみのついた具材をかけて、パリパリとジワジワとしなってくる麺をいただくときは、至福の時間。私は関西でこの具材で作るときはウスターソースをかけず、素材の味だけで楽しんでます。

みなさんも、ぜひ一度、おためしください。

最新のお知らせお知らせ一覧