天ぷらのこと

日々、天ぷらを作っています。天ぷらを蒲鉾屋さんが作っていると申しますと、不思議に思われることがございます。「天丼」の天ぷらを思い浮かばれる方も多くいらっしゃいます。

天ぷら(揚げかまぼこ)のことを関西以外では、さつま揚げと言われるそうですが、

ごぼう天、生姜天と、皆さんが呼んでいらっしゃる練り物を揚げたものについている「天」、つながりは一緒なんです。

和田八の天ぷらは、上質なすり身だけで揚げたものを「上天」、低温で白く揚げたものを「白天」、生姜入りは「生姜天」、チーズを巻き込んでいれば「チーズ巻」、淡路の玉ねぎを使っていれば「淡路玉ねぎ天」、松茸が入っていれば「松茸天」、一口サイズに仕上げたものは「ちぎり天」または「ちぎり揚げ」、種類は200種類以上に及びます。ほぼ職人の手作業による季節商品、別誂えが多いのが特徴です。

呼び名が親しまれているごぼう天と同じく、関西の「天ぷら」をよろしくお願いします。

最新のお知らせお知らせ一覧