もうすぐ父の日(6月19日)

父の日の由来、意外と知られていないですよね。ネットで調べてみたらアメリカの6人兄弟の末っ子ソノラ・スマート・ドッドさんが、母の日があることを知って、男手一つで育ててくれたお父さんを思い、「母の日があるなら父の日があるべきだと」と思い、1909年に牧師協会へ嘆願したことがきっかけになったそうです。

「父の日」は、なかなか浸透しなくてアメリカで1966年に大統領告示がでて、1972年に国の正式記念日に決まったそうです。

日本でも、なんとなく「母の日」「こどもの日」「敬老の日」のほうが、ギフトは華やかな気がするのは気のせいでしょうか?

「お父さん、ありがとう」を今年は、和田八の練り物で伝えてみませんか?

お父さんも、今年はいつもよりジェスチャー高めに照れずに、「美味しい!、ありがとう!」と言ってみませんか?

心のキャッチボールができますように、和田八も願っています。

最新のお知らせお知らせ一覧