水産練り物のこと

suisan-nerimono

受け継がれる技

約90年、守り続けた和田八の製法。
素材にこだわり、伝統を受け継ぎながら、
皆さまの食卓においしいさと健康を届けるため、日々挑戦しています。

01

魚のうま味をそのままに

厳選したシログチやイトヨリダイ、タラ、はもを、獲ってすぐにすり身に加工したものを使用。鮮度の高い良質な状態のまま加工しています。

02

安全に妥協しない

届いたすり身をさらにきめ細かくろ過し、不純物を取り除くことで口当たりなめらかで安全なすり身ができます。

03

おいしさを練り上げる

すべての商品の源となる「味」を、石臼を使って職人が丁寧に練り上げ、魚本来の味わいを引き出します。

※右写真が練り上げたすり身を掬いとる最中

天ぷらのこと

和田八の天ぷらは、高温で芯まで加熱し、具材のうま味を閉じ込めた『上天身』と、低温でじっくり揚げる繊細な味わいの『白天身』を代表として、関西を中心に長年ご愛顧いただいています。全国的には「揚げかまぼこ」や「さつま揚げ」など様々な呼び方がありますが、関西では「天ぷら」として親しまれています

かまぼこのこと

伝統の「焼き抜き製法」を今でも実践している和田八自慢の『焼とうし』は、職人が一つひとつ丁寧に手作業で仕上げています。長年守り続けた確かな技と妥協を許さない味によってご家庭から有名料理店までさまざまなお客様に支持されています。

新上(しんじょう)のこと

石臼で丹念に練り上げた口当たりなめらかなすり身を、職人が一つひとつ金枠にに閉じ込め、やわらかくやさしい口当たりに蒸しあげています。かまぼことはまた大きく異なる食感と繊細な味わいは様々な料理にも相性が良く有名料理店や料亭などでご利用いただいています。

伊達巻のこと

良質なすり身と相性の良い卵を混ぜ合わせ、一枚一枚焼き加減を確認しながらじっくり仕上げています。鬼すだれで粗熱を利用して二度巻きし、余計な傷をつけない、味と形にこだわった自信作『特選伊達巻』は、お正月を彩る特別な一品です。

商品のご注文・問い合わせ

contact

電話でのご注文

tel0120-888-012

月〜土 9:00〜16:30

faxでのご注文

tel06-6475-0618

注文書ダウンロード

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ