和田八通信

wadahachi communication

一味真 ~ひとあじまこと

  • 和田八の取り組み
  • 魚のこと

和田八の取り組み、その原点には、「一味真 ~ひとあじまこと」

創業者の言葉があります。

創業者は続いて「魚は正直なもの、よく吟味してその持味を余すところなく引き出して巧妙に組み合わせる、秘伝はない。率直にやればよい。」と伝えています。

この言葉どおりに、今も和田八は作り続けています。

和田八の用いる魚は、白グチ、いとよりだい、はも、ミナミダラなど

数種類に渡っています。1種類の鯛やはもで作ればと、思われる方もいらっしゃるかもしれません。

魚にはそれぞれの持ち味、地域で親しまれ日常的に食された歴史があります。

和田八では、関西になじみの深い「はも」からは、非常に良い風味や旨みを取り出しながらも、鱧にはすり身にするには弱さがあり、補うために弾力性の強さはミナミダラや白グチから引き出しています。

白グチには、旨みとかまぼこの“座り”( これはまた別の機会にブログします)や粘り形成力に優れているところ、名前の通りすり身の色が白いところを引き出し、

イトヨリダイからは、味が淡泊で上品な魚の旨味が強く加熱に強くすり身の色が白いところを、和田八では、持ち味を活かすために数種類の魚を用いています。

「魚は正直なもの、よく吟味してその持味を余すところなく引き出して巧妙に組み合わせる、秘伝はない。率直にやればよい。」の精神に則って、今も進化し続けています。

和田八の水産練り物(かまぼこ・天ぷら)は、もっちりとした食感や魚の本来の旨みと

そして魚介や野菜を混ぜ和せることでできるさらなる美味しさを求めています。

目指すは、食することで健康や美味しさ、喜びや幸せを運ぶメーカーであること。

そのために、日々、まい進しております。

一覧に戻る

商品のご注文・問い合わせ

contact

電話でのご注文

tel0120-888-012

月〜土 9:00〜16:30

faxでのご注文

tel06-6475-0618

注文書ダウンロード

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ