魚のいいとこ、
あますことなく。

創業者は「魚と真摯に向き合う」ことを
何より大切していました。

それから九十年―。
確かな技を受け継ぎ、
磨き続けてきました。

でも、「もっとおいしくできる」と
毎日考えています。

きっとわたしたちは、
明日も魚と向き合っています。

わたしたちのこと

about

創業者が大切にしてきた「魚と真摯に向き合う」こと。
和田八はその姿勢を常に心がけ、技を磨き続けてきました。
それでも「もっとおいしくできる」と、日々魚と、向き合っています

わたしたちのこと

90余年変わらぬおいしさ

history

創業以来変わらぬ製法とこだわり続ける姿勢によって
90年余りも関西を中心にご家庭や有名料理店など、
様々な場所でご愛顧いただいています。

和田八の歴史

水産練り物のこと

suisan-nerimono

平安時代に宮廷のおもてなし料理として発展する蒲鉾。
それから約千年の時を経て、魚のすり身を焼く、茹でる、蒸す、揚げる
試行錯誤を繰り返し、和田八は『水産練り物』と銘打って蒲鉾を進化させます。

水産練り物のこと

instagram

#和田八 #水産練り物

商品のご注文・問い合わせ

contact

電話でのご注文

tel0120-888-012

月〜土 9:00〜16:30

faxでのご注文

tel06-6475-0618

注文書ダウンロード

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ